◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

バーンタオ村・村人誌 バーンタオ通信

─癒しの大地・タイ王国に暮らす─2018年1月9日号

「昨年のまとめと今年の抱負」

作者:谷田貝良成

1964年5月19日生まれ牡牛座。O型。

1988年4月28日来タイ。在タイ生活29年目

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

※バックナンバーはこちらから→

http://archives.mag2.com/0000126467/?start=1400

2004年創刊当時のメルマガも読めます♪

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■カメのつぶやき・今日のポイント

「昨年のまとめと今年の抱負」

バンコクの空から、サワディークラップ。

今日のお天気、まだ、まだ乾季真っ盛りのはずが蒸し暑く、雷がゴロゴロ言ってました。

さて、少し遅くなりましたがあけましておめでとうございます。旧年中は大変お世話になり

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

今回も、だいぶ前回から空いてしまいましたが、昨年のまとめと今年の抱負を書きたいと思います。

昨年はタイにおいて米糠酵素風呂事業を開始しました。

バンコクのタイ式マッサージ、スパ事業を営む友人が導入してくれました。

1日最大10数人が利用するという評判を得ました。

当初はこのような形で、徐々にタイ国内で広がればいいなあと思っていました。

ところが、自分としては想定外だったのですが、日本の業界関係者の方から導入の希望が寄せられました。

頼まれたら事は断りたくない。

日本の仕事の基盤なくていけないと考え、11月、東京に小さな会社を設立しました。

会社を作った後、日本の寒さに気づきました。

日本で米糠酵素風呂が作れるのか?

慌てて千葉の実家で実験を開始しました。

ところがうまくいかなかった。

時間切れで後期高齢者の母に後を託しバンコクに戻り、毎日Skypeであれこれ指示をしながら試行錯誤しました。

小さな規模でやっててもダメだな、、、と気づき、12月下旬、再度訪日し、滋賀県の知人の工場の一角を借り実験を開始しました。

実験初日は氷点下まで気温が下がり、ホテルの前の水たまりには氷がはっていました。

「こ、こんな寒いところでホントにできるのかな?」

不安で仕方ありませんでしたが、諸々の工夫の結果、タイと同じパフォーマンスを出すことが出来ました。

今年は、日本とタイを行き来しながら米糠酵素風呂を広げていきます。

どこかでお目にかかることが出来ますように、、、

それでは今日はこの辺で!!

今日も皆さんに、 幸福と健康の粒子が、 たくさん降り注ぎますように・・・。

その粒子が肌に触れ、心に触れ、健やかな一日でありますように・・・。 (谷田貝)

─────────────────────

【発行者】Wellness Life Project(Thailand)Co.,Ltd.代表取締役兼ウエルネスライフプロデューサー 谷田貝良成

【作者に直接メールする】yatagai@baantao.com

遅くなっても必ずご返事します。ご意見・感想や情報提供はこちらから。

尚、断り無くこの欄でご紹介することもありますが、原則的にハンドル名もしく は本名でご紹介します。 掲載を希望しない場合は

その旨お知らせください。

─────────────────────

【編集後記】

以前は、私がどこに行って何を食べたといった日記も掲載していましたが、今はフェイスブックにほぼ書いてありますので、こちらでは省く事に致しました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメールマガジンは、以下の配信システムを利用して発行しています。

削除を希望される方はこちらから、、、。

★無断の転載、コピーの配布はご遠慮ください。

『まぐまぐ!』http://www.mag2.com/m/0000126467.htm

『melma』http://www.melma.com

━━━━━━━━━━