思うところあって、しばらく休筆していた日刊メルマガを復活させることにしました。

なにぶん毎日なので、気の利いたことをそうそう頻繁に書いてる訳ではありません。

2004年の創刊。

この間、自分自身が飲食店経営したり炭事業はじめたり、いろいろ変化して書く内容が絞りきれなかったという反省があります。
でも、とにかく毎日記録を残し、仲間に報告するという事に価値を見出しておりました。
でもまあ、私も変わったけど世の中も変わった。
例えばメルマガというスタイルで良いのかどうか?構成はこのままで良いのか?(創刊時から一緒)などもう一度考えてみようとは思っています。

ただ、「書く」ということは、私が今生で与えられた命を神様にお返しする日の朝まで続けます。

読者がたとえ自分の家族だけになったとしても・・・。

http://archives.mag2.com/0000126467/