◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

バーンタオ村・村人誌 バーンタオ通信ー癒しの大地・タイ王国に暮らす─

2019年1月7日号「そもそもなぜネパールだったのか?」

作者:谷田貝良成1964年5月19日生まれ牡牛座。O型。

1988年4月28日来タイ。在タイ生活30年目

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

※米糠酵素風呂加盟店募集してます♪

トップページ

※バックナンバーはこちらから

http://archives.mag2.com/00001

26467/?start=1400

2004年創刊当時のメルマガも読めます♪

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■カメのつぶやき・今日のポイント

「そもそもなぜネパールだったのか?」

バンコクの空から、サワディークラップ!

今日のお天気、爽やかに晴れています。気温も上がってきました。

さて、「現場を見なければ、、、」とネパール行きを決意した私は、雄弁会活動もそこそこにアルバイトに明け暮れました。

上野 御徒町のカプセルホテルで週5日。夕方四時から12時までの8時間勤務。まるで正社員ですね。

そもそもなぜネパールだったのか?

最初はインドを予定していました。

ところが、出発直前にゴールデンテンプル事件と言うモスリムとヒンドウー教徒との宗教対立があり多数の死傷者が出ていました。

インドネパールの国境が封鎖されていると言う噂もあり、移動できなくなる危険を避けたかったので、まずはネパールに入りそこで様子を見ることにしました。

初めての海外旅行。しかも発展途上国。

考えうる予防注射を受けたり、飲料水がなかったらどうしようか?などと登山用品店で固形燃料を買い込んだり、大きなバックパックにいろんな資材を詰めこみました。

当時、新聞雑誌テレビでは、ちょうどアフリカの飢餓のキャンペーンをしていました。

そこから連想し、ネパールも相当悲惨であるに違いないと、今思えば滑稽な事ですが、悲壮な妄想ばかりが膨らんでいました。

そして1985年8月某日のお昼過ぎ。雨季の晴れ間の明るい陽射しのネパールの首都、カトマンドゥの空港に降り立ちました。

荷物でパンパンに膨れたバックパックと、「俺が世界の貧困の解決をするんだ!」と自意識過剰でパンパンに膨れた青雲の志をもって。

それでは今日はこの辺で!!

今日も皆さんに、 幸福と健康の粒子が、 たくさん降り注ぎますように・・・。

その粒子が肌に触れ、心に触れ、健やかな一日でありますように・

・・。 (谷田貝)

─────────────────────

★以下は私的な日誌です。お忙しい方、関心のない方はスキップし

てください♪

■■バーンタオ日誌:カメのあゆみはのろいけど・・・■■

2019年1月6日(日)

起床:06:38 いかーん。夢:いっぱいみた。全て忘れた。

https://www.hayaoki-seikatsu.com/users/baantao/

(ヨーガ、呼吸法、瞑想法の稽古。)サボりました。

嫁さんと市場。

5キロ走る。

ほぼ終日自宅。

13:00 昼食

17:00 夕食。

22:30 就寝

朝食:なし

昼食:カオソイ納豆トッピング(自宅にて)

夕食:トムヤムクン、パクブンファイデーン、トーマンクン、ホーモックタレー(自宅近くのタイ料理屋にて)

●酒量:シンハービール二本

●講評:まあまあ

●今日の体重(谷田貝):64.9kg 微妙

●今日の体脂肪率:掲載自粛

●今日の体調:絶好調

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行者】Wellness Life Project(Thailand)Co.,Ltd.代表取締役

兼ウエルネスライフプロデューサー 谷田貝良成

【作者に直接メールする】 yatagai@baantao.com遅くなっても必ずご返事

します。

ご意見・感想や情報提供はこちらから。

尚、断り無くこの欄でご紹介することもありますが、原則的にハン

ドル名もしく は本名でご紹介します。

掲載を希望しない場合はその旨お知らせください。

─────────────────────

【編集後記】スピード感を持って進みます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメールマガジンは、以下の配信システムを利用して発行してい

ます。削除を希望される方はこちらから、、、。

★無断の転載、コピーの配布はご遠慮ください。

『まぐまぐ!』

http://www.mag2.com/m/00001264

67.htm

『melma』http://www.melma.com

━━━━━━━━━━