◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

バーンタオ村・村人誌 バーンタオ通信ー癒しの大地・タイ王国に暮らす─

2019年1月5日号「社会への窓を開かされた、、、」

作者:谷田貝良成1964年5月19日生まれ牡牛座。O型。

1988年4月28日来タイ。在タイ生活30年目

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

※米糠酵素風呂加盟店募集してます♪

トップページ

※バックナンバーはこちらから

http://archives.mag2.com/00001

26467/?start=1400

2004年創刊当時のメルマガも読めます♪

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■カメのつぶやき・今日のポイント

「社会への窓を開かされた、、、」

バンコクの空から、サワディークラップ!

今日のお天気、昨日同様どんより曇ってます。南部にサイクロン(日本でいうところの台風一号)が来てるようです。

さて、岩波新書の「歴史の転換の中で」と言う本が、どのようにウブな高校生には刺激の強い本だったかというと、それまで呑気に「女子高の体育教師になる♪」と言ってたのが一気に吹き飛んでしまうほどでした。

例えば、、、

「なんでも見てやろう」は、その後の深夜特急に続く、海外貧乏旅行のバイブルとして読みましたが、同じ著者であるこの本はまるで違った。

いわば政治評論集でした。しかも反米の立場の、、、。

例えば、アメリカ合衆国のことをアメリカ合州国と表記した上で、アメリカ帝国主義と言う言葉が連発されたり、民族自決主義、第三世界、非同盟諸国、非武装中立、パレスティナへの連帯の思い、ラテンアメリカの左翼政権へののシンパシー、イスラエルによる軍事占領への憤り、それを支援しているアメリカ合州国、、、

それまで体育教師にでもなるかとしか自分の将来を考えられなかった高校生が、一気に社会の出来事に関して関心を持たざるをえなくなった大きな一撃でした。

その後、この本から得られたキーワードをテーマにした本を貪るように読んで行きました。

自然と、先進国と発展途上国との格差や貧困、民族的な迫害などに関するものが多くなって行きました。

社会への窓を開かされた、、、

ちょっと奥手だったのかもしれませんが、あらゆることをスポンジのように吸収する、、、そんな感じでした。

なかなか、米糠酵素風呂に近づきませんが、、、

それでは今日はこの辺で!!

今日も皆さんに、 幸福と健康の粒子が、 たくさん降り注ぎますように・・・。

その粒子が肌に触れ、心に触れ、健やかな一日でありますように・

・・。 (谷田貝)

─────────────────────

★以下は私的な日誌です。お忙しい方、関心のない方はスキップし

てください♪

■■バーンタオ日誌:カメのあゆみはのろいけど・・・■■

2019年1月4日(金)

起床:05:20 なぜか夜中に何度も目が覚めた。珍しい。夢:したがってたくさんみたが、全て忘れた。

https://www.hayaoki-seikatsu.com/users/baantao/

ヨーガ、呼吸法、瞑想法の稽古。

次女の朝食準備。

5キロ走る。

08:30 オフィス。

13:00 昼食

14:30 次女を迎えに。

17:30 オフィス

18:30 帰宅。夕食。

朝食:なし

昼食:シュリンプフライのレタスバーガー、テリヤキチキンのレタスバーガー(モスバーガー出前 オフィスにて)

夕食:生卵入り納豆、ワカメスープ、チキンカレー(ライスなし)(自宅にて)

●酒量:シンハービール二本

●講評:呑みすぎ

●今日の体重(谷田貝):64.6kg

●今日の体脂肪率:掲載自粛

●今日の体調:絶好調

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行者】Wellness Life Project(Thailand)Co.,Ltd.代表取締役

兼ウエルネスライフプロデューサー 谷田貝良成

【作者に直接メールする】 yatagai@baantao.com遅くなっても必ずご返事

します。

ご意見・感想や情報提供はこちらから。

尚、断り無くこの欄でご紹介することもありますが、原則的にハン

ドル名もしく は本名でご紹介します。

掲載を希望しない場合はその旨お知らせください。

─────────────────────

【編集後記】十数年前に書いたメルマガをこの機会に読み返しています。我ながらいいこと書いてました(笑)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメールマガジンは、以下の配信システムを利用して発行してい

ます。削除を希望される方はこちらから、、、。

★無断の転載、コピーの配布はご遠慮ください。

『まぐまぐ!』

http://www.mag2.com/m/00001264

67.htm

『melma』http://www.melma.com

━━━━━━━━━━