タイでの「健康」「幸福」「福祉」のことならバーンタオ

バーンタオ・ウエルネスライフプロジェクトとは?

バーンタオ・ウエルネスライフプロジェクト(タイランド)社は、タイで初めて「健康」「幸福」「福祉」をキーワードに「ロングステイ」、「バリアフリーツアー」、「リハビリステイ」などに取り組んだコンサルティング&プロデュースカンパニーです。

バーンタオとは?


バーンはタイ語で家、タオはカメ。バーンタオとはつまり「カメの家」を意味します。
おめでたいことや長寿のシンボルであるのと同時に、ウサギのように駈け続けてきたこれまでの生活をしばし忘れ、のんびりと着実に心豊かに過していただきたいという願い を代表の谷田貝良成が「カメ」に託してこう名付けました。
健康の維持・増進・回復のために「癒しの大地・タイ王国」でのスローライフ、ロハスな暮らしを提唱します。
バーンタオ村についてはこちらから

使命

バーンタオ・ウエルネスライフプロジェクトは健康こそ幸福の基盤という信念に基づき、個人の健康のレベル=幸福度のレベルを高めるお手伝いをすることがその使命です。

健康のレベル=幸福度のレベルが高まればその人が所属するファミリー、コミュニティ、ソサイエティ、国家の健康のレベル=幸福度のレベルが高まり、ひいては世界の健康のレベル=幸福度のレベルの向上、世界の平和に貢献するものと確信しています。

プロジェクト

これらの使命を達成するため、まずはウエルネスライフプロデューサー・バーンタオ村村長として、障がいをお持ちの方、健康を害した方、健康に不安を感ずる方のタイでの旅、タイでの暮らしを支援してまいります。

また、これらの使命、プロジェクトに共鳴する企業の、タイでの事業の創造を支援してまいります。

ブログ

「そもそもなぜネパールだったのか?」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ バーンタオ村・村人誌 バーンタオ通信ー癒しの大地・タイ王国に暮らす─ 2019年1月7日号「そもそもなぜネパールだったのか?」 作者:谷田貝良成1964年5月19日生まれ牡牛座 …

「日本大学にも100年以上の歴史がある雄弁会がある事を知り、、、」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ バーンタオ村・村人誌 バーンタオ通信ー癒しの大地・タイ王国に暮らす─ 2019年1月6日号「日本大学にも100年以上の歴史がある雄弁会がある事を知り、、、」 作者:谷田貝良成1 …

「社会への窓を開かされた、、、」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ バーンタオ村・村人誌 バーンタオ通信ー癒しの大地・タイ王国に暮らす─ 2019年1月5日号「社会への窓を開かされた、、、」 作者:谷田貝良成1964年5月19日生まれ牡牛座。O …

「ウブな高校生には刺激の強い本でした。」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ バーンタオ村・村人誌 バーンタオ通信ー癒しの大地・タイ王国に暮らす─ 2019年1月4日号「ウブな高校生には刺激の強い本でした。」「 作者:谷田貝良成1964年5月19日生まれ …

「立ち込めた雲の上には燦然と太陽が輝いている」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ バーンタオ村・村人誌 バーンタオ通信ー癒しの大地・タイ王国に暮らす─ 2019年1月3日号「立ち込めた雲の上には燦然と太陽が輝いている」 作者:谷田貝良成1964年5月19日生 …