還暦戦場カメラマン無事帰還

夢を追うシニアの話題です。 バグダットに取材に行っていた現役の還暦戦場カメラマン・橋田さんが
無事帰還 されました。よかったです。 頂いたお年賀メールを下記貼付します。
取材の模様がテレビで放映されるそうです。是非御覧になってください。

明けましておめでとうございます。
昨年暮れからバクダッドに行っていました。
本日、無事バンコクへ戻って来ました。

1月11日(日曜日)午後6時からの「バンキシャ」(日本テレビ系)で、 今回のイラク取材を放映する予定です。
1月8日には、やはりイラクを題材にした、題名:戦場カメラマンが書く「イラクの、中心で、バカとさけぶ」
アスコム発行、1500円が発売されます。

皆々様にとって、今年もいい年でありますように。
1月3日、不肖・不覚の橋田信介拝

虫歯の痛みを知らない・・・。

世の中にこんなに幸せな人がいるなんて・・・。
いつも貴重な健康情報を下さり、まるで小生のホームドクターのようなTさん。
北海道で指圧に打ち込む先輩です。 小生も肩凝りの辛さを知りませんが、虫歯の苦痛を知らないというのは格別に幸福ですねえ。

おはようございます、Tです。 8000バーツの出費は痛いですね。
日本で2万4千円と聞いたら「そんなもんか」と思っちゃうけど、  タイでの物価を考えたら・・・
小生、生まれてこのかた虫歯になったことがありません。 だから、虫歯の痛みは知らないし、
ドリルの音は不快でないです。 歯磨きも、数年前までは1日に1回、寝る前にやるだけでした。
なんでも、虫歯菌は親や祖父母などから貰うのだそうですね。 キスや口移しに食べ物を貰う
といった行為が原因とか。 3歳を過ぎると自分独自の口内細菌を持つようになるので、  
3歳までにもらわなければ、一生虫歯菌無しのきれいな体。
と言うことは、小生は親の愛情が薄いのでしょうか? 両親、兄と弟も虫歯があるから・・・
2004年 1月8日                Tより

歯の件ではご心配お掛けしまして・・・。

今週、断続的に歯医者に通っています。 メールマガジンでお伝えしたところ数々のお見舞いのメールを頂戴しました。
大変示唆に富むものもありましたので是非ご紹介したいと思います。

谷田貝さま、はじめまして。
タイ国からのメルマガを、楽しく、興味深く読ませていただいております。 というのも、私もタイ国に一年のうち、1~2ヶ月位、毎年ロングステイし、 周辺国のラオス、カンボジャ、ミャンマー、マレーシア等旅行したいと考えています。
ところで、歯の治療をなさったとのこと、何をつめられたのでしょうか。 歯につめた金属が、少しつづ溶け出して、長い間かかって思いがけない 場所に蓄積され、原因のわからない病気になるとのこと。
  いま日本の少数の歯科医がきずき、鉛やそのほか身体に悪い金属の除去、不使用 を始めています。
谷田貝様も、食べ物だけでなく、そのようなことにもご配慮なされ、 今後ともご健康でお活躍されますよう!
              
2004年 1月6日                Tより

温冷浴、並びにタイ人の風邪引きについて・・・。

何となく風邪を引く直前の体調でしたが、週末久しぶりにノンビリ過ごしたお蔭 でなんとか元に戻ったようです。
最近気候が変わりタイ人にも風邪をひいている人が多いようです。 タイ人の風邪引きについて、北海道で指圧に打ち込むTさんから一考察を頂戴し ました。ご一読ください。

おはようございます、Tです。
こちらは暖冬で比較的過ごしやすい毎日です。 最高気温が2~3℃なので真冬日はまだ来ておりません。
北海道では最高気温が0℃以下になると真冬日ですが、東京は10℃以下だと、真冬日なんですね。
チェンマイで、14℃なのでダウンジャケットが欲しいと訴えていましたが、タイの真冬日ということになるのでしょうか?
(ちなみに、真夏日は北海道は25℃以上、東京は30℃以上だそうです)
ところで、冷水は健康にいいとおっしゃってましたが、言葉足らずで誤解されるかもしれませんね。
冷水(水浴び)が風邪予防に良いとされるのは、温水浴と冷水浴を交互に数回やり、    
最後の締めを冷水浴で終える「温冷浴」をやった場合です。

急に冷やすことで、冷えに対する抵抗力が付いて風邪を引きにくくなると思うのですが・・・
子供の時から水浴びしていたらその効果は無いと思います。
タイ人に風邪引きが多い原因はクーラーの普及じゃないですか? 1年中汗腺が開きっ放しの体にクーラーはまずいでしょう。
それもガンガン効かせたクーラーですから。

バンコク在住の友人の息子がマトリックスを見たいと言うので友人と一緒に映画を見たのですが映画館のクーラーの
効かせすぎにはまいりました。 長袖シャツを1枚用意したのですが、寒かったです。
息子さんはトレーナーを羽織っていたのですがそれでも寒いらしくて、友人に抱かれて見てました。

クーラーを効かせて、何度くらいにしているのでしょうかね?

2003年 12月22日                Tより

還暦戦場カメラマンについて再び・・・。

先日、還暦戦場カメラマン、橋田さんのことを掲載しましたところ、現在旅行専 門学校の先生をされている
Hさんからメールを頂戴しました。 なんと約20年前、解放直後のカンボジアを一緒に旅されたそうです。
お便りからはその当時の模様が感じ取れ興味深いです。 以下ご一読ください。

谷田貝良成 様
始めまして、突然のメールで失礼します。
かつて西武百貨店の旅行事業部で旅行の仕事をしていましたときに、もし、この本 の著者の橋田信介さんが
電波ニュース社で働いていた方であれば、本当に、懐かしく 思います。年齢的にはピッタリだと思うのですが。
誠実な人で、かつ反骨精神の持ち 主、そして何よりひょうきんな所がありました。

そんなところがいつも若々しいこ ころを忘れない人だと思っていました。
もう、20年近く前のことですが、ポルポトがカンボジアを恐怖政治の国にして、 そしてその時代が終わり平和な
時代が訪れつつあった時、橋田さんの方から西武の方に 将来の「アンコールワット展」の構想があり、
堤オーナーの了承の下で、代表室長と 橋田さんと、かつてカンボジア駐在をしたこともある当時朝日新聞の
論説委員の方と そして、私とで外国人が1人もいないカンボジアへ視察をしに行ったのです。

首都のプノンペンからアンコール地域までほんの150キロ程度ですが、航空機もなく、 ジープで穴だらけの道路を
丸2日かけてシェムリアップに行きました。

途中の宿では遠くの方で迫撃砲の音が聞こえ、外務省から入社した代表 室長は恐がっていたのを良く覚えています。
まあ、とくかく2日間のジープの旅は 極々普通の農村風景のあるのんびりしたものでした。違うのは、道路が穴だらけで
歩 くのと全く同じくらいのんびりいくしかないくらいです。

アンコール遺跡はひっそりとジャングルの中にたたずんでいました。 ツアーに出来ると確信しました。
13年間の空白の後の初めてのツアーを世界で始めて やれると思いました。

プノンペンに帰って部屋で政府側と結ぶ独占ツアー契約書を作り、橋田さん、 そして現地駐在のKさんと一緒に夜、
1本のウイスキーを持って、当時若き外務大臣、 現在首相のフンセンさんの家を訪ね、快く契約書を取り交わすことが出来ました。

日本に帰ってから、橋田さんとツアービジネスの具体化を練り、第1団をNHKを含 めた多くのマスコミのテレビクルー
の同行を伴ってのツアーとなりました。当時はまだ、 反政府ゲリラが活動をしていた時期ですから、事故やテロには
最新の注意をしましたが、 幸いのことに私が担当した期間もまた、その後もカンボジアでは事故が起きなかったのは 幸いでした。
こんなわけで、橋田さんとは、ある意味で戦友みたいな間柄でした。 もし、何かの機会がありましたら、また、
お目にかかってお話を伺いたいと思って います。

・ロングステイについて:
私もそろそろ60に近付いてきましたし、今の専門学校 での旅行ビジネスの教師をリタイヤーした後は、
どこかの国で現地ガイドのトレーニ ングをボランティアでやりたいと思っています。アジアであれば、ミャンマーとか、
スリランカなどのまだ現地の方がガイドの能力が不足している地域、あるいは、ポルトガ ルのような自分も楽しみながら、
ボランティアできる国か今徐々に考えているところ です。
ということで、谷田貝さんのニュースは大変参考になります。今後も楽しいニュー スを期待しています。
2003年 12月21日                Hより

H様
おたよりありがとうございます。
橋田信介さんは、間違いなく元電波ニュースの方です。
生憎昨日バグダットへ旅立ってしまいましたので間に合いませんでしたが、お便りありましたこと お伝えしておきます。
正月早々にはバンコクに戻る予定です。

以上、御挨拶方々御連絡まで申し上げます。
谷田貝 拝

ラオスより・・・。

チェンマイ在住の若い友人で理学療法士のK君。彼が今、ラオスを旅しています。
ラオスの首都ビエンチャンから第一報が届きましたので、小生の返信と合わせて掲載します。
若者らしい旅ができて羨ましいですねえ・・・

無事に出国、入国出来ました。
ビエンチャンにいますが、夜寒くて大変です。このまま北上する予定ですが、さらに気温が下がると思うと気が萎えそうです・・。
しかもラオスの物価を少しなめてました。この国はATMがないので、手持ちのお金が切れたらアウトです。
予定していた行程をこなすのは、ちょっと厳しいかなという状況です。
ラオスは確かに静かな国ですね。
パン大好きな人間としては、この国は最高です。
毎日、フランスパンかじってます。

まあ、もうしばらくお金を気にしながらあてのない旅を満喫したいと思います。
2003年 12月15日                Kより

楽しそうですねえ。
お金の心配は辛いですけど。

良い経験ですので前向きに楽しんでください。
では、お土産話を楽しみにしています。
年末にはまたチェンマイに行く予定です。
ではまた。

谷田貝 拝

熱い思いが感じられました・・・。

友人の大野さんが発行するバリアフリー研究フォーラム12月度「サービスとし てのバリアフリー実践会」。
このレポートを読んだKさんから励ましのお便りを頂戴しました。

もったいないお言葉の数々です。もっと研鑚しなくては・・・。

また、小生のメルマガがご夫婦の会話のネタになってらっしゃるという意外な利用法も教えてくださいました。
とても嬉しいのでホームページに掲載しました。

谷田貝さん、こんにちわ。
毎日のメルマガ夫婦で楽しみにしてます。
イサンーン出身の妻は、毎日の温度・湿度食事内容をチェックしております。
夫婦間の会話が増え?感謝しております。
バリアフリー研究フォーラムの大野氏のレポート拝見しました。
ホームページやメルマガでは分からなかった谷田貝さんの熱い思いが感じられました。
私の現在の取り組みの方向性や考え方に 大変勉強になりました。
次回タイに行った際には是非お会いしたいので、 よろしくお願いします。感謝
2003年 12月6日                Kより

タイが好きになりました・・・。

11月から約20日間バンコクに滞在され、古式マッサージのライセンスをお取りになった静岡県出身のMさんからお礼状を頂戴しました。
充実した滞在になってよかったです。

谷田貝社長 様
本日午後、無事に自宅に帰り着きました。
このたびのマッサージ技術の受講につきましては、日程はじめ諸般のことを親身になって調整していただきおかげさまで順調 に進行し、
目的を達成することができました・・・。
息子ともども心から厚くお礼申し上げます。
これから、しばらくの間、基本コース、フットコースの復習と更なる上達に励んだ後、上級コースの受講を目指します。
その節はまたよろしくお願い申し上げます。
マッサージスクールの先生がたは懇切丁寧で熱心に指導してく ださいました。
グランドダイアモンドは、スタッフ、設備ともにたいへんよく、快適なホテルライフを満喫することができました。
外食したレストランやデパートの店員たちも実に人当たりがよくタイ国民の人間性に感心しました。タイが好きになりました。
このような素晴らしい経験を持つことができましたのは、正に 谷田貝様のお陰であると厚く感謝致しております。
先ずは取り急ぎお礼まで。
2003年 12月4日                M 拝

小生の心のご飯です。・・・。

先日バリアフリー研究フォーラムのニュースレター関連の話を掲載しましたとこ ろ、読者の方から心のこもったお便りを頂戴しました。
小生の志を立派なことと仰ってくださっていますが、人物が立派じゃない のでやはり恥ずかしい。
今まで協力してくださった皆様のお蔭で、本当に好きなこと自分のやりたいことだけやらせ て頂いているので小生は幸せものです。
小生の身体のことまで案じてくださっておりますが、このようなメールが小生の 心のご飯です。
益々事業に没頭できます。嫁さんも探さずに・・・。
というわけで、下記のとおり掲載させていただきました。 ありがとうございました。

谷田貝 様
お久し振りでございます。
ご健闘のご様子、大変嬉しく思っております。
バリアフリー関係のニューズレターにご登場されるとの事、 何も恥ずかしがられる事はありません。
谷田貝様の信じられる 道をどんどん進んで行かれればそれでよろしいのです。
ご立派なことをされておられるのですから堂々と自信を持たれて お進み下さい。
今後の益々のご活躍を心よりお祈りいたしております。
なお、日々のご生活ぶりにつきましてはいささか心を痛めております。 早く良い方とご一緒になられて、お身体をおいたわりください。
お身体にもしもの事があっては大変です。
谷田貝さまだけのお身体ではないのですから。
皆様、谷田貝さまをお頼り申し上げておられるのですから。

かしこ 2003年11月25日 Yより

山形は今、とても素敵な季節のようですね。

優しい奥様と一緒に、後遺症のリハビリに励むOさん。
長い冬も過ぎ、山形は今、とても素敵な季節のようです。
Oさんからお便りを頂戴しましたので紹介します。
同病の方々が、それぞれの体験、知恵を交換しあう。
その接点の役割をバーンタオ、そして小生が果たすことができたら良いなあと思
います。
このようなお便りが小生の活力の元。ありがとうございます!!
(谷田貝)

谷田貝様

メルマガ拝見させていただいています。事務所も開設し忙しい日々を
送られている様子が目に浮かんで来るようです。・・・・・・・・・
さすが、タイ滞在期間が長く、多くの人材の方々とお会いできる
谷田貝さんもたいしたものです。谷田貝さんの持っている人柄は宝ですよ。
今後も大いに躍進されることを期待します。自分もお会いしてそう感じます。

チェンマイに自分も大変興味を感じていますので、できたら滞在されている
三国さんのアドレスお知らせ頂ければ幸いに存じます。同病でおられます
のでいろんな情報もお聞きしたいと思いますのよろしくお願いします。
次回は、是非行きたいところですね

本屋さん行って見ても、観光地のことばかりで、知りたいような事も書いていま
せん。
自分は自然が好きなほうで、環境も山形当たりににているような気がします。

山形も最高気温が24°~25°位に上がり自分にとっても、とてもよい季節に
なりました。
この季節は、木々の葉が深緑になり、季節の移り変わりを感じます。
ここ山形は、サクランボの産地でたくさんの観光客が訪れています。

来週から自分も毎週東京行きです(2泊3日)

お体にご留意されてください・・・・・・・

2003年5月21日   山形のOより