カンチャナブリの想い出

8月15日付けのメルマガに「インパール作戦に従軍した多くの日本兵の方が亡 くなり、未だ数千を超える遺骨が・・・」と記載しましたところ、お盆休み明け に、北海道旭川に単身赴任中のSさんからお便りを頂戴しました。
Sさんはバンコク駐在経験者です。タイ西部、カンチャナブリの想い出を書いて 送ってくださいました。

実は、カンチャナブリでは小生も親父と一緒に行った時の、ちょっと胸がチクリ とする想い出があります・・・

またまた、旭川の単身赴任のSです。

下記の記事を読んで思い出したことがあります。

11年前位だったと思いますが息子のカンチャナブリの 乗馬キャンプに行った際の宿舎の裏の方に日章旗の付いた 飛行機の残骸がありました。

主翼だった思いますが、オーナーには経緯を聞くのを 躊躇ったため聞いていません。

家族と一緒のカンチャナブリ観光は日本人にとっては 落ち着かないところでした。
若い人達はどんな感じで行っているのでしょうか?

会社のタイ人との研修旅行の際はアルコールのおかげで そんなことはすっかり忘れて楽しみましたが.....

では、また

8月18日

若い人達は・・・。そうですねえ。少なくとも歴史的な背景を理解してという感 じではないですね。

陸軍少年飛行兵だった小生の親父を、10数年前、カンチャナブリに連れて行っ た時、何気なしに戦争博物館に案内したのですが、そこを出た後、「こういうの は俺たちにはシンドイなあ・・・」と呟いていたのを思い出します。

谷田貝 拝

2004年8月20日

バンコクからの手紙

谷田貝パパ・・・ 娘たちがバンコクに着きました。 あ・・いや・・・ボランティア体験のため数週間バンコクに滞在した専門学校の 女の子達です。 今回は、スワンプルースラムの火事を気にして、幼稚園で使用できる絵本など持 参しているとのこと。 日本の若い子たちも捨てたもんじゃなかとです。

昨日の夜タイにつきました タイ 日本よりすずしいですねー 今日シーカーさんの方にいってきました みなさんお元気そうでうれしかったです 外国にきて会いたい人たちがいるってすてきなことだなーと 思いました 谷田貝パパにもぜひぜひ会いたいです 明日の午前中にでもお電話しますね タイは雨季なんですよねー いつ降るかひやひやしながら活動中です(汗) では また 2004年8月17日

福岡からの手紙

今年の春、ボランティア体験のため数週間バンコクに滞在した専門学校の女の子 達が再訪するようです。 自分はまだまだ若いと思ってましたが、この子たちから見たら完全に親父世代で すもんね・・・。 やれやれ・・・。

こんにちは お久しぶりです 福岡のKとUです 日本も夏になって毎日ホント暑いです 谷田貝さん タイでお元気にしてますか? さてさて わたしたち就職活動の合間をぬってまたまたバンコクに行くことになりま した 明日飛行機にのってむかいます^-^ といっても今度は1週間ほどの短いたびなのですが谷田貝さんが会社にもしいらっ しゃるならお時間があったら二人で会いにいきたいなとおもっています^-^ またタイについたらメールしますね でわでわ 暑いですけど体に気をつけてお仕事してくださいね 2004年8月16日

カナダからの手紙

筆が滑りました。 13日付けのバーンタオ日誌に、 「ちなみにハーゲンダッツはアメリカの会社ということを最近 ダカーポを読んで いて知りました。北欧をイメージする韻を踏んだだけの造語だ そうです。 ずっとオランダの会社とばかり思い込んでました。騙されまし た・・・」 と書いたところ、カナダに住んでいる友人のI女史から以下のメールが届きまし た。 「谷田さん、オランダは北欧じゃ~ないよ、、、、西欧だよ、、 、北欧とは、ちなみに、文字通りヨーロッパの北の部分、とい うか、上の部分というか、スカンジナビア地方というか、北欧 5か国といえば、デンマーク,スウェーデン,ノルウェー,フ ィンランド及びアイスランドノルウェーやスエーデンなどを含 む地域です。かっこ悪いな~、もう。 Iより」 え~と・・・。 あまりにかっこ悪いんで掲載するのはよそうかなと思ったんですが、はるばる 「カナダからの手紙」だし、間違いはひとつづつ直しておくべきという几帳面な 性格なので掲載しておきます。 一応中学校の時は地理が得意だったので(高校で先生を嫌いになり嫌いになった が)判っちゃいるんですが、西欧の北の方、ドイツの北の方とか、オランダとか そのあたりと書こうとしたら指先でつながって北欧となっちゃいました。 失礼しました。お詫びして訂正させていただきます。 知らせてくれた御礼として、I女史にバーンタオチェンマイ無料宿泊券一週間分 をプレゼントします。 但し有効期限は2004年8月31日まで。お待ちしてます。 2004年8月14日

ダルニーD-Palクラブとは・・・

谷田貝様

私は日本民際交流センターのMと申します。谷田貝さんのメルマガ「バーンタオ 通信7月31日号」にご紹介頂きましたタイ・ラオス・カンボジアの子どもたちへ奨学金支 援をする団体、EDFの日本パートナー、日本民際交流センターを手伝っているもので す。
谷田貝さんのメルマガはIさんがご覧になって当団体に資料請求かたがたご紹介 してくれました。
わざわざEDFをお訪ね頂き、懇談の上アドヴァイス、さらにはメルマガでのご紹 介とメリハリの効いた対応で本当にありがとうございます。メルマガも読ませて頂きましたが、 タイに関わる事業に携わるものには大変興味深く、早速読者登録させて頂きました。

私が担当をしておりますプロジェクトは昨年から始まりましたインターネットによ る奨学金支援制度「ダルニーD-Palクラブ」です。これはUS$50でタイ・ラオスの 子ども3年間の奨学金を支援、情報は総てインターネットで送られてくるという新しい制度です。 お時間のありますときに専用HP http://www.d-pal.org を開いて、詳細ご覧に ただきますと幸いです。

Iさま 谷田貝さんのメルマガご紹介ありがとうございました。
ご依頼の資料手配致しましたのでよろしくお願い致します。
2004年8月3日

この後もう一通のお便りを頂戴しまして・・・

ところで本日のバーンタオ通信(8月4日号)に埼玉県のY子先生の素晴ら しいメールが載っていました。ベンツを乗り回しながら子どもの給食費を払 わない親と、学校でわがまま一杯の子どもに、「勉強したくても出来ない」 というタイやラオスの子どもの実情を分かって貰えたらと思います。

谷田貝さんの後記にあります日本社会の”ずれ”も最近大きくなってきて いるのではないでしょうか。
谷田貝さんの事業、Wellness Life Project も大変いいと ころに目をつけた社会的な意義もある仕事だと思います。谷田貝さんのデイリー通信も おもしろく、今後も楽しませていただこうと思います。
よろしくお願い致します。
2004年8月4日
*******************************

日本民際交流センター
〒162-0041東京都新宿区早稲田
       鶴巻町518 司ビル301
Tel.(03)5292-3260 Fax.(03)5292-3510
E-mail:machida@minsai.org
http://www.minsai.org
D-Pal Club http://www.d-pal.org

ありがとうございました!!
がんばりますっ!!