書評

「いちまいの絵 生きているうちに見るべき名画 を読んで」

いちまいの絵 生きているうちに見るべき名画
⇑Facebook,Twitter,LINEで「いいね」、シェアして頂けると嬉しいです。

バーンタオ村・村人誌 バーンタオ通信ー癒しの大地・タイ王国に暮らす─

「いちまいの絵 生きているうちに見るべき名画 を読んで」

作者:谷田貝良成

1964年5月19日生まれ牡牛座。O型。1988年4月28日来タイ。在タイ生活32年目


■■カメのつぶやき・今日のポイント

「いちまいの絵 生きているうちに見るべき名画 を読んで」

絵画の素晴らしさを、文章力で、これほどみずみずしく、鮮烈に伝えることができる。

いちまいの絵 生きているうちに見るべき名画

いちまいの絵 生きているうちに見るべき名画

さすが作家と思いました。
原田マハさんの作品を初めて読みました。
美術には関心があったつもりだけど、まだまだ知らない画家が多いということがわかりました。
それは取りも直さず、まだまだ楽しむことができる余地がいっぱいあるということですね。
というわけで、いつものようにチャレンジシートで書評をまとめてみました。

「『これからの『正義』の話をしよう』読了。明日死ぬかのように生きよ。 永遠に生きるかのように学べ、だな。」

これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学

 

⇑Facebook,Twitter,LINEで「いいね」、シェアして頂けると嬉しいです。

バーンタオ村・村人誌 バーンタオ通信ー癒しの大地・タイ王国に暮らす─

「『これからの『正義』の話をしよう』読了。明日死ぬかのように生きよ。 永遠に生きるかのように学べ、だな。

作者:谷田貝良成

1964年5月19日生まれ牡牛座。O型。1988年4月28日来タイ。在タイ生活32年目


■■カメのつぶやき・今日のポイント

「『これからの『正義』の話をしよう』読了。明日死ぬかのように生きよ。 永遠に生きるかのように学べ、だな。

読了、もとい聴了しました😅

これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学

これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学

マイケル・サンデルさんの本、初めてでした。
難しかったあ〜
ですがやはり基礎から哲学を学ばねばという気づきをいただきました。
いつものようにチャレンジシートにまとめてみました。

「故郷の雪景色を戦場の南の島で再現してみたところ、、、靖国神社の緑の隊長を読了しました。」

靖国神社の緑の隊長
⇑Facebook,Twitter,LINEで「いいね」、シェアして頂けると嬉しいです。

バーンタオ村・村人誌 バーンタオ通信ー癒しの大地・タイ王国に暮らす─

「故郷の雪景色を戦場の南の島で再現してみたところ、、、靖国神社の緑の隊長を読了しました。」

作者:谷田貝良成

1964年5月19日生まれ牡牛座。O型。1988年4月28日来タイ。在タイ生活32年目


■■カメのつぶやき・今日のポイント

「故郷の雪景色を戦場の南の島で再現してみたところ、、、靖国神社の緑の隊長を読了しました。」

靖国神社の緑の隊長

靖国神社の緑の隊長

読書の秋、今月は好調でした。

昨夜は半藤一利さんの「靖国神社の緑の隊長」を読了しました。

先の大戦に従軍した8人の将兵の戦争体験をそれぞれの章で紹介した本です。

一番印象に残ったのは俳優の加東大介さんの章のこの一節でした。

「なにか手ちがいでもあったかと、舞台の上の斬りあいをつづけながら、軍曹は客席をチラと見て、アッと思いました。そして演技をしながら胸がしめつけられました。」
このエピソードは何かの折に見聞きしたことはありました。
改めて読むと、胸に迫るものがあります。

続きを読む

「いっきに日本史を学び直したくなりまして・・・」

一気に学び直す日本史
⇑Facebook,Twitter,LINEで「いいね」、シェアして頂けると嬉しいです。

バーンタオ村・村人誌 バーンタオ通信ー癒しの大地・タイ王国に暮らす─

「いっきに日本史を学び直したくなりまして・・・」

作者:谷田貝良成

1964年5月19日生まれ牡牛座。O型。1988年4月28日来タイ。在タイ生活32年目


■■カメのつぶやき・今日のポイント

「いっきに日本史を学び直したくなりまして・・・」

一気に学び直す日本史

一気に学び直す日本史

高校時代の日本史の授業は昼寝の時間と決めていました。
社会にでてから、とくに最近、自分の体系的な歴史観の乏しさ、薄さに恥ずかしさを覚えるようになっていました。
たまたま、Audibleで「いっきに学び直す日本史」という本を見かけ購入しました。
再生時間合計42時間34分のところ2倍速で毎朝のウオーキングの時に聴きました。
ようやく読了?聴了しました。
紙の本では読了する自信はありません。
Audible,こうした分野の学習には最適かも。
というわけで、いつものようにチャレンジシートにまとめてみました。

続きを読む

「灯台からの響き。心に滋養をいただいた感じになる作品でした。」

ここは稲佐の浜ですが、ほんの数キロ先に灯台があったのでした。
⇑Facebook,Twitter,LINEで「いいね」、シェアして頂けると嬉しいです。

バーンタオ村・村人誌 バーンタオ通信ー癒しの大地・タイ王国に暮らす─

「灯台からの響き。心に滋養をいただいた感じになる作品でした。」

作者:谷田貝良成

1964年5月19日生まれ牡牛座。O型。1988年4月28日来タイ。在タイ生活32年目


■■カメのつぶやき・今日のポイント

「灯台からの響き。心に滋養をいただいた感じになる作品でした。」

久しぶりに宮本輝さんの小説を読みました。

灯台からの響き

灯台からの響き

主人公の亡くなった奥さん宛に届いた絵葉書に描かれた灯台の絵を軸に物語が展開していきます。
宮本輝さんの小説はみんなそうなのですが、心に滋養をいただいた感じになる作品でした。
ネタバレにならない程度に書いたチャレンジシート(書評・読書メモ)を貼付します。